団子鼻を改善する

悩み

顔の中心に位置する鼻は、顔立ちを大きく左右するといっても過言ではありません。鼻が極端に大きかったり小さかったり、低かったりするとそれだけで顔のバランスを崩してしまうのです。また、日本人に多い団子鼻や低い鼻は、スマートな顔立ちとは程遠い印象を与えてしまいます。欧米人のようにスマートな顔立ちに憧れる人は鼻整形で鼻を改善しましょう。団子鼻で悩んでいる人に適しているのが、鼻尖縮小術や鼻先修正です。団子鼻の原因は主に皮膚や軟骨の発達です。鼻尖縮小術で発達した皮膚や軟骨を切除することで、丸い鼻先を改善することができます。また、鼻尖縮小術では半永久的な効果を期待できるので、一度の施術で団子鼻であるコンプレックスを解消することができるのです。その上、施術中大きな痛みを感じることなく、短い時間で施術を終えることができるので手軽に整形できるといえます。団子鼻に悩んでいる人は鼻尖縮小術を受けましょう。

鼻尖縮小術では施術後ギブスをして鼻先を固定します。そのため、約1週間はマスクを着用する必要があります。そのため、仕事や学校で鼻整形を受けたことが知られたくないと考えている人は約1週間の休みを取るなどの対策を施しましょう。鼻尖縮小術を受ければ、団子鼻が効果的に改善されるだけではなく、傷跡が目立たないなどのメリットもあります。そのため、手術跡が残る心配がありません。さらに、術後帰宅することも可能なので、入院する必要がないといった魅力もあります。団子鼻以外にも鼻先が丸いことにコンプレックスを抱いている人にも鼻尖縮小術が適しています。欧米人のように尖った鼻先になりたい人やスラっとした鼻筋に憧れる人は鼻尖縮小術を受け、理想通りの鼻先にしましょう。しかし、鼻筋と鼻先のバランスが異なると違和感を与えてしまう可能性があります。鼻筋とのバランスを見てどの程度鼻先を削るか決めましょう。

団子鼻を効果的に改善できる鼻尖縮小術では、施術中麻酔を施します。麻酔にはいくつかの種類があるため、自分に適して麻酔を選択できます。意識はあるが痛みなどを感じない局部麻酔では、鼻や施術に関係する局部にのみ麻酔を施します。術後短時間で麻酔が切れるので日帰りを選択する人に適しています。眠っている間に全ての手術が終わり、目が覚めたときには団子鼻が改善されている状態になりたいと考えている人は静脈麻酔を選択しましょう。完全に深い眠りにつくため、手術の恐怖や痛みを感じることなく団子鼻が改善されます。また、麻酔は針を用いて施されますが、麻酔クリームの塗布により麻酔針の痛みを感じることがありません。しかし、施術後、麻酔が切れると同時に痛みを感じてしまうため注意が必要です。鼻尖縮小術による痛みを感じたくないという場合は痛み止めなどを処方してもらうと適切です。鼻整形はだれでも手軽に受けることができるものなので、今では多くの人が受けコンプレックスを解消しています。鼻整形で気になる団子鼻を解消しましょう。

TOP