低い鼻を高くする隆鼻術

女性二人

日本人に多く見られる低い鼻は、コンプレックスに感じる人が多くいます。そのため、美人な顔立ちやイケメンになりたいと低い鼻を改善しに美容外科を訪れる人も少なくありません。低い鼻は目元が離れて見える、平たい印象の顔になるなど、第一印象を悪くしてしまいます。さらに、アンバランスな顔に見えてしまう恐れもあります。これらを改善するには美容外科で鼻整形を受けると適切です。鼻を高くすることであっという間に顔立ちのバランスを整え、良い印象を与えることができます。低い鼻を高くするには、「隆鼻術」がもっとも適しています。隆鼻術は鼻筋から鼻先まで自分が気になる箇所を高くすることができるので、だれでも理想通りの鼻を手に入れることができるとあって、鼻整形の中でも高く評価されています。

鼻整形方法のひとつでもある隆鼻術には、2つの施術方法があります。1つはプロテーゼを挿入する方法です。プロテーゼにはL字型とI字型があり、自分の理想とする鼻先から選択することができます。L字型の場合、尖った鼻先にすることもできるので、鼻が低いこと以外にも鼻先が丸いことにコンプレックスを抱いている人にも適しています。また、I字型の場合は、L字型よりも皮膚にかかる負担が少ないことから、手軽に鼻を高くすることができます。違和感のない仕上がりにできることもI字型プロテーゼが人気の理由です。プロテーゼを挿入すれば半永久的に高い鼻を維持することができますが、プロテーゼは次第に膿が発生したり、鼻の筋肉が固まってしまったりする可能性があります。そのため、定期的にプロテーゼを交換することが適切です。また、プロテーゼを挿入する際は、顔立ちやバランスをよく見て選択しましょう。プロテーゼにはさまざまな種類や大きさがあるので、理想の鼻以外にも顔のバランスから適したものを選ぶことが大切です。従来のプロテーゼはブラックライトに反応し、白く光るものもありましたが、現代のものはそのような心配はありません。しかし、レントゲン撮影などに写る可能性があるので注意が必要です。

ヒアルロン酸を注入する隆鼻術は、鼻整形の中でもプチ整形としても高い人気を集めています。ヒアルロン酸を鼻筋や鼻先、眉間など低い部分に挿入することで気軽に鼻を高くすることができるのです。また、ヒアルロン酸は人間の体を形成している成分のため、外部から注入しても問題がありません。このように安全性が高いこともヒアルロン酸注入が人気の理由なのです。さらに、注射器を使ってヒアルロン酸を注入するだけの方法なので、傷跡が残る心配がありません。術後メイクを施せるため傷跡が目立つ心配もないのです。このようにヒアルロン酸注入は手軽で安全性が高いといったメリットがありますが、注意しなければいけないこともあります。それは、ヒアルロン酸注入による隆鼻術の効果は半永久的ではないということです。ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されてしまうため、元の形に戻ってしまいます。せっかく高い鼻を手に入れても加齢に応じてもとの低い鼻に戻ってしまうのです。そのため、一定期間だけ鼻を高くしたいと考え、鼻整形をしたい人に適しています。

TOP