小鼻の広がりを小さくする

目を閉じる女性

小鼻が横に広がっているとそれだけで鼻が大きく見えてしまいます。また、下から見上げたときに鼻の穴が大きく見えてしまうなどの問題点もあります。特に女性の場合、小鼻が大きいとそれだけでゴツイ印象を与えてしまうため、女性的な柔らかさが失われてしまいます。さらに、清潔感のない顔に見えてしまう恐れもあるのです。また、小鼻が大きい上に団子鼻の場合は、小鼻の広がりが団子鼻を強調させている可能性が大いにあります。小鼻の広がりはメイクでカバーするのは難しいといえるため、改善したい場合は美容外科で鼻整形を受けましょう。鼻整形では、小鼻の広がりを改善することができ、同時に理想通りの鼻に仕上げることが可能です。これまで与えていた悪い印象を拭うことができ、柔らかく女性的な優しい顔立ちにすることができるのです。また、大きな小鼻を改善することで小顔効果が得られ、バランスの整った顔立ちに仕上げることができます。美女やイケメンと呼ばれる日も遠くないのです。

鼻整形で小鼻の広がりを改善したいと考えている人は、鼻翼縮小術を受けましょう。鼻翼縮小術では、鼻の穴の内側を切開し、バランスをみながら横に広がった鼻を縮めていきます。外側を切開し縮める方法もあるため、鼻の形に適した方法を選択しましょう。鼻の形や穴の形状によって内側と外側どちらが適しているのか判断することが大切です。誤った箇所を切開してしまうと鼻のバランスが悪くなってしまい、修正するのが難しくなってしまうためです。また、小鼻が横に張り出していないにも関わらず外側を切開してしまったり、皮膚を多く切除してしまったりすると不自然な鼻になってしまいます。小鼻が突っ張った状態になってしまうため、鼻翼縮小術ではある程度皮膚を残すことも大切です。丸みのある小鼻にできる高い技術力を持った医師に以来することが大切なので、しっかりとカウンセングを受けましょう。

鼻翼縮小術は約30分で施術が終了する手軽な鼻整形です。また、局部麻酔が可能なので体にかかる負担を軽減できます。施術中に痛みを感じることなく小鼻の広がりを解消できるので、コンプレックスを抱いている人はすぐに鼻整形を受けると適切です。自分に自信を取り戻すことができ、可愛らしい印象を与えることができます。また、鼻翼縮小術なら手術を受けたその日からシャワーを浴びることが可能です。しかし、抜糸をする必要があるので1週間後通院する必要があります。抜糸前や抜糸後は、マスクをすることで傷跡をカバーすることができます。傷跡がシミや跡として残ることがないように日焼けを防ぐことも大切です。日焼け止めを使用するのではなくマスクなどで日焼けをしないように注意しましょう。半永久的な効果を得られるため、一度の施術で小鼻の悩みが改善されます。鼻先が低いことにもコンプレックスを抱いている場合は、鼻翼縮小術といっしょに鼻尖縮小術を受けると適切です。

TOP